藤沢市議会議員  松下賢一郎 オフィシャルサイト




実績ニュース

安全で快適な自転車走行空間を目指して


 【安全で快適な自転車走行空間を目指して@】

 市内でも特に自転車利用が多い、藤沢駅〜辻堂駅間で整備中の「自転車・歩行者道」について、高山橋手前(ヤクルト前)から鵠沼第二踏切前交差点までの区間の工事が終了しました。

 これまで危険性があった、ヤクルト前の歩道との高低差には転落防止柵も設置され、歩行者と自転車走行の安全が確保されています。

 今後は、鵠沼第二踏切前交差点付近の未整備区間について、交差点部内に右折レーンの設置と自転車・歩行者道を整備するため、現在、用地取得を進めている状況です。

 できるだけ早く、藤沢駅までの間の整備が図られるよう推進していきます。

 

【安全で快適な自転車走行空間を目指してA】

  国道1号の藤沢駅北口入口交差点から藤沢駅に向かう区間に、市内初の「自転車専用通行帯(自転車レーン)」が整備され、3/26から共用開始されました。

 今後は、藤沢本町駅周辺の道路整備と併せて自転車レーンが設置される予定です。また、北部方面では、下土棚線の全線開通に併せて整備する方針です。

 今後も市内の自転車走行空間の整備を推進をしていきます。


このページのトップへ


copyright(c) matsushita kenichiro. All rights reserved.