藤沢市議会議員  松下賢一郎 オフィシャルサイト




実績ニュース

自転車走行環境の基本方針となる「自転車走行環境整備基計画」を策定します


 近年、自転車は、環境負荷の低い交通手段として見直され、健康志向の高まりを背景に、その利用ニーズが高まっています。その一方では、交通事故件数の減少傾向に比べ、自転車事故は増加傾向にあり、特に歩行者と自転車の交通事故が急増しています。  

このような観点から、自転車・歩行者の安全性を向上するためには、現在の利用環境の問題点を明らかにし、自転車・歩行者が安全に安心して通行できる環境に見直していく必要があります。

これまでの道路整備では、自転車の利用を促進するという視点にあまり着目せずに必要に応じて整備を行ってきたため、快適な自転車走行空間の連続性が確保されていない状況となっていることから、自転車が快適かつ安全に走行できる空間の整備とともに、自転車利用者のマナー向上や交通安全に関するソフト施策等をまとめた「自転車走行環境整備計画」の素案を平成23年度中にまとめ、平成24年度中に策定する方針です。


このページのトップへ


copyright(c) matsushita kenichiro. All rights reserved.