藤沢市議会議員  松下賢一郎 オフィシャルサイト




実績ニュース

「心のバリアフリー」を促進するポスターが完成しました!


 いわゆる、ハード面におけるバリアフリー化は、土木工事などである程度解消できますが、人々の意識や認識の違いからくる誤解など、日々の生活におけるバリアの解消にはまだまだ至っていないと思います。    

 このような課題に対し、交通バリアフリー法では、バリアフリー化に関して国民の理解と協力を求める「心のバリアフリー」を位置づけていますが、これまでも、障害のある人や社会的に弱い状況や立場にある人に対する偏見や差別等を解消するために、「心のバリアフリーハンドブック」の作成をはじめ、バリアフリー体験教室や障害理解のための講座の実施、市のホームページの情報バリアフリー化などを推進するよう市に求めてきました。

 そこで、より一層市民への啓発を促進するために、 障害者に関するマーク(車いすに座っている国際シンボルマーク/聞こえが不自由なことを表す耳マーク/内部障害者理解のハート・プラスマーク)などについて、これらのマークを紹介するポスター(右図)を作成して、市立小中学校をはじめ市民センターや公共施設に掲示して、障害に対する理解を促し街の中での支援を促進していきます。


このページのトップへ


copyright(c) matsushita kenichiro. All rights reserved.