藤沢市議会議員  松下賢一郎 オフィシャルサイト トップページへ


 

  市民一人一人が環境保全に取り組む「エコマラソン」を策定。2002.07

 地球温暖化をはじめとする現在の環境問題に対処するために、藤沢市では平成14年3月に行政も一事業者であるという立場で「環境ISO」を取得しました。この事については、平成11年9月議会より松下議員が積極的に推進をし、同時に、市民一人一人にも気軽に取り組める「家庭版ISO」の実施を提案してきましたが、このたび藤沢市では、市民の皆さんが環境保全への取り組みを容易に行える仕組みとして「エコマラソン」を作成しました。
 「エコマラソン」で取り組む環境保全行動の内容は、@省エネA大気汚染防止B水質保全Cごみ減量D緑化保全E地球環境保全の6大項目のもとに、小項目が計84項目有り、「テレビを見る時間を1時間短くする」や「シャワーは流しっぱなしにしない」など、いずれも日常生活の中で気軽に取り組める項目となっています。また、前年の電気・ガス・水道などの使用量をチェックする「環境家計簿」の作成なども盛り込まれており、家族全員で取り組める内容となっています。  
 なお、この「エコマラソン」では、選んだ取り組み項目の数によって3つのコース(ビギナーコース:5項目以上、マスターコース:10項目以上、プロフェッショナルコース:15項目以上)に分かれており、何回かに分けて段階的に取り組むこともできます。
 そして、6ヶ月継続して取り組んだ結果を所定のチェック用紙に記入して市環境管理課に提出し、記入内容などに誤りがなければ合格で、市から認定証が授与されます。また、希望する方は市のホームページや広報にも名前を公表していくことになります。
 山本市長からも「ゲーム感覚で楽しみながら、取り組んでほしい」と期待のコメントがありましたが、一人でも多くの方、多くのご家族が、この「エコマラソン」に挑戦をしていただければと思います。ちなみに、松下議員も挑戦しています。
なお、「エコマラソン」の取り組みを紹介した冊子を市役所および市民センターで配布をしております。
      
【お問い合せ先】環境管理課 0466−25−1111(内線3311)


このウインドウを閉じる



copyright(c) matsushita kenichiro. All rights reserved.