藤沢市議会議員  松下賢一郎 オフィシャルサイト トップページへ


 
平成11年度決算〈討論〉
  「豊かな心を育む文化と教育を築く」

 平成11年度は、本市では初めて余裕教室を児童クラブへ転用されたわけでありますが、今後はさらに地域のコミュニティの場としても有効利用していけるよう、学校教育部・生涯学習部・福祉健康部等の各部門が積極的に協力をして検討を進めて行って頂きたいと思います。  
 また、地域のご協力を頂き、子供達に自然や人との触れ合いなどで生きる力を育み、思いやりの心を育てるような体験学習の実施を精力的に働きかけ、合わせて学校・家庭・地域の三者連携事業については、出来るだけ速やかに市内全校での実施をされるよう要望いたします。  
 障害児教育については、点字図書館の休日運営のあり方や、療育相談の拡充、中学校でのことばの教室設置等の検討をお願いしたいと思います。  
 スポーツレクリェーション活動については、今後設立が予定されている藤沢市スポーツ振興財団の多種多様な人材と組織力を生かして、中学校の運動部指導者への派遣や、小学生がスポーツに親しめるような事業展開を要望いたします。


このウインドウを閉じる


copyright(c) matsushita kenichiro. All rights reserved.