藤沢市議会議員  松下賢一郎 オフィシャルサイト トップページへ


 
平成11年度決算〈討論〉
  「活力ある産業の展開」

 これからの地域経済をになう新たな存在は、ベンチャー企業であります。このベンチャー企業が起業しやすい環境整備の一環として「湘南新産業創出コンソーシアム」を発足されたことは非常に意義のあることだと思いますが、これが単に、大学の研究内容を紹介したり、産学交流などの場作りで終わってしまわぬよう、さらに一層の支援策が必要であると思います。21世紀の藤沢を担う新たな地域産業の支援プランとして、より具体的で効果的な支援策を構築されるよう要望いたします。  
 また、商店街の活性化については、従来型のイベント事業などに助成するのではなく、アイディアや活性化へのプラン作りなどにより多くの支援をしていく方向で検討していただきたいと思います。
 農業政策としては、都市農業の経営基盤の確立と、経営意欲の向上を図ろうとされておりますが、やはりこれからの都市農業には、市民との間にどのようにして接点を設けていくのか、という点も重要な視点であると捉え、生産者や消費者、専門家など様々な立場の人達と充分協議をしていかれるよう要望いたします。


このウインドウを閉じる


copyright(c) matsushita kenichiro. All rights reserved.