藤沢市議会議員  松下賢一郎 オフィシャルサイト トップページへ


 
平成12年6月定例会〈一般質問〉
  「機能訓練事業の実施方法について」

【質問】ここで言う、機能訓練事業とは、主に脳血管障害などの疾病により、心身の機能が低下してしまった人に対し、その維持回復を図るために必要な訓練を行うものですが、ここでお尋ねしたいのは、本市が行っている機能訓練事業の中で、基本型という形で実施されている通所機能訓練についてです。この事業は、現在、南保険センターと保健医療センターの、いわゆる南と北の2ヶ所で行われているもので、この機能訓練の利用状況については、平成8年が48人、平成9年が68人、平成10年が89人、平成11年が101人と、年々増加をしてきており、これから更に高齢化が進んでいく中で、この機能訓練事業の重要性・必要性は言うまでもありませんが、この通所機能訓練の実施方法が今年から変更になったことは多くの市民は知っておりません。
 ちなみに今までとどのように変わったのかと言いますと、昨年までは、毎週月曜日の午前中に2回、木曜日の午前中に1回午後2回の計5回行われ、それぞれ1回につき1時間30分の中で15人を定員として行われてきましたが、今年の4月からは、毎週月曜日の午前中に2回、水曜日の午前中に2回、午後2回、木曜日の午前中に2回、金曜日の午前中に2回の計10回とし、利用時間を1時間、10人の定員となりました。一見すると、利用日や回数も増えて多くの利用者から喜ばれる所ですが、一部の利用者から、利用時間が、1時間30分から1時間になったことで、着替え等の時間を考えると実質短すぎることや、定員が1回15人から10人になったことで、本来利用したい日が取れず、ディサービス等の利用に支障を来している点など、かえって今までより利用しにくくなったとの声を聞いていますが、今回の実施方法の変更は、どのような狙いがあって行われたのかについてお伺いをします。

【市の答え】 機能訓練事業は、平成11年では南保健センター、北保健センターを拠点といたしまして101人の方々が施設開放を御利用いただいております。  
 実施形態についてですが、平成11年までの利用時間は午前9時から10時30分まで、10時30分から12時まで。午後は、午後1時30分から3時まで、3時から4時30分までのそれぞれの時間帯に分けまして御利用いただいたわけです。1回の利用人数につきましては15人で実施してまいりました。こうした中で、平成12年4月からは、介護保険制度の導入に伴いまして機能訓練の実施形態も若干変化してまいっております。基本的には、従来まで利用者につきましては介護認定を受けた方は介護保険を利用していただくこととなり、老人保健法によりまする機能訓練と制度的には区分されることとなったものです。また、老人保健法に基づく機能訓練も、疾病や外傷等により心身機能が低下した方を対象とします基本型のA型と、主に老化等によりまして身体機能低下防止を目的とした地域参加型のB型に分類して実施しておるところです。本市では、こうした状況の変化に対応するために施設開放の主要な訓練会場となります北保健センターの訓練機能の効率的な利用や、利用者の希望もあり、昨年まで週5回であった訓練日を週10回にふやすとともに、1回の利用時間を60分とし、また利用者の安全確保を図るために利用人数を10人に減らすなど工夫をして4月から実施してまいりました。
 制度の変更過程でもありますが、2カ月経過しまして一部の利用者の方々から利用上の不都合等の意見も聞いております。利用者が少しでも利用しやすいように、できる限り努力をしてまいりたいと考えております。

【再質問】 修正等が出来るので有ればしていただきたいとの声も多いようですので、具体的に提案をさせていただきますが、やはり昨年までのように、毎週月曜日の午前中と、木曜日の午前・午後と行われていたときは、その他の用事や予定などのかねあいから、利用者から見て調整しやすかったことは事実だと思います。そこで、他の自主訓練グループとのかねあいもあるとは思いますが、現在行われていない、月曜日と木曜日の午後に実施をしてみるのも一つの方法だと思います、又、利用時間についても、昨年まで同様、1時間30分とし、定員も15人とすることで、実施の必要がない曜日が出てきますので、そこを他のグループと調整していけるのではと思いますが、いかがお考えでしょうかお尋ねを致します。
【市の答え】機能訓練の事業につきましては、利用者御自身が楽しく、そしてより効果の上がるそういった訓練を積んでいただくことを第一義と考えておるわけでございます。利用者の方からも既に改善等につきましての要望が出ていることも現実でございます。そういう中におきまして、利用者そして職員、それらの意見を聞きながら極力利用者の方たちに沿えるような形で事業展開をしていきたい、このように考えております。なお実施時期につきましては今月6月でございますが、来月に入りましたら早々に実施していきたいと考えております。
【要望】
今回は既に、今年度実施途中での変更ということでいろいろと大変だったと思いますが、新年度の計画に当たっては、先ほども述べましたようになるべく曜日を集中させて、午前から午後にかけて実施していけるよう御努力をお願いいたします。なお午後の時間帯についてでありますが、午後の時間帯に機能訓練を実施する際に一つ問題点があります。それは交通手段です。ちょうど午後の時間帯は民間のバスの運行が少ないため、自家用車で送り迎えをされていない方は大変苦労をされていますので、運行時間の変更等ぜひバス会社への働きかけもしていかれるよう要望いたします。


このウインドウを閉じる


copyright(c) matsushita kenichiro. All rights reserved.