藤沢市議会議員  松下賢一郎 オフィシャルサイト トップページへ


 
平成22年6月定例会〈一般質問〉
  「災害時通信手段の強化」について

【質問】大規模な災害が発生すれば、通信障害や停電などにより、一定期間、固定電話や携帯電話は利用できないことが考えられます。  

 そこで本市では、公共通信網を利用せずに、災害時でも輻輳などに影響されない一般的にも災害に強いとされているMCA無線を導入し、情報収集手段の確保等に向けて、MCA無線の整備に取り組まれていると認識しておりますが、現在までの整備状況並びに災害時の有効活用方針についてお聞かせいただきたい。 

【総務部長答弁】MCA無線の整備状況ですが、平成17年度から導入を開始しまして、平成22年4月1日現在、災害対策本部・地区防災拠点・避難施設・防災関係機関・福祉施設などに187台のMCA無線を設置しております。

 次に、災害時の有効活用方針ですが、MCA無線は、個別に送受信ができるほか、教育委員会、福祉施設や防災関係機関などのグループに分けることができ、それぞれのグループ内で送受信が可能となるなど、情報収集手段の確保を図ることができることから、新たな通信手段として整備しているところでございます。

【質問】大災害の際に、通常、各家庭では、電話もインターネットも繋がらない、または停電して使えない最悪の事態が想定されるわけでありまして、情報が相当混乱すると考えられます。  

 従って、せめて自主防災組織と避難施設との間では連絡が取り合える体制を図る必要があると思いますが、災害発生時に地域防災力として期待される自主防災組織との通信手段について、MCA無線の活用をどのようにお考えなのか。
【総務部長答弁】 本市が導入しているMCA無線は、地区防災拠点や避難施設、防災関係機関等に設置し、災害情報や安否情報などの情報収集に活用することになっております。  

 ご質問の自主防災組織と避難施設との通信手段についてMCA無線の活用をどのように考えているのかですが、今後、自主防災組織を含め、運用等ができるか研究してまいりたいと考えておりますのでよろしくお願いします。

【質問MCA無線の活用については運用等が出来るか研究していきたいとの事ですが、自主防災組織における通信手段の確保については大事な問題ですので、もう少し具体的にお聞きをします。  

 このような大災害時などの通信手段としてこの他に考えられるのは、トランシーバーではないかと思います。トランシーバーは、一般的にイベントやレジャーなどで多く利用され、実際の災害時でも現地でよく利用されており、利用するのに免許の必要もなく、買ったその日から誰でも使えるものです。  

 そこで、本市では、自主防災会への貸与物品としてトランシーバーを1組(2台)、自主防災組織設立の届出時に貸与されているわけですが、各自主防災組織で実際にトランシーバーがどのように活用されているのか現状を把握するとともに、トランシーバーを活用した自主防災組織との通信手段の強化策についてお考えをお聞かせいただきたい。

【総務部長答弁】 自主防災組織における活用の現状につきましては、今年度実施いたします自主防災組織へのアンケート調査の中で具体的に把握してまいりたいと考えております。  

 次に、トランシーバーを活用した自主防災組織での通信手段の強化策についてでございますが、トランシーバーは、主に自主防災組織内での、きめ細かい災害情報などの情報収集のほかに、まとまって避難する場合に、避難者の安全を確認するなどのための通信手段として活用をお願いしているところでございます。  

 今後、避難施設や地区防災拠点との通信手段としてのトランシーバーの活用については、出力や運用上の課題もあることから、可能かどうか研究してまいりたいと考えております。

【質問「具体的な利用状況を把握するなかで、トランシーバーの活用が可能かどうか研究してまいりたい」というご答弁でありましたが、実際に私が所属する自主防災会では、このようなトランシーバー(右写真)が貸与されております。ごらんの通り、大変旧式で大きくて重たいという正直大変に使いづらいもので、現実として有効活用はされていないのが実状であります。  

 やはり、市が無償で貸与している以上、しっかり活用していただくのが大前提でありますから、そのためには、有効に活用できる機種に順次更新していくべきではないかと考えますが、改めて、ご見解をお聞かせいただきたいと思います。

【総務部長答弁】 トランシーバーの更新についてでございますが、貸与品であるトランシーバーは、藤沢市自主防災組織育成事業実施要綱に基づきまして、組織結成時に貸与しているものでございます。  

 各自主防災組織から更新についてのお問い合わせのあった場合には、奨励補助金等を活用して整備をしていただくようお伝えしているところでございますので、よろしくお願いします。

 


このウインドウを閉じる


copyright(c) matsushita kenichiro. All rights reserved.