藤沢市議会議員  松下賢一郎 オフィシャルサイト トップページへ


 
平成17年6月定例会〈一般質問〉
  「美しくしたい海岸の調査結果」について

【質問】 国土交通省は、海岸を管理する都道府県などに環境保全に取り組む際の参考にしてもらおうと「美しくしたい海岸」を選ぶアンケート調査を行い、全国約9千人の回答を集計したところ、トップは385票を獲得した「江の島」であることが明らかになりました。 調査は民間の調査会社が今年1月中旬から2月下旬にかけてホームページ上で実施したもので、周辺居住者や観光客が多い都市部の海岸が上位を占め、2位に兵庫県の須磨、3位に九十九里浜と続き、神奈川県内では6位に「茅ヶ崎海岸」、9位に「鎌倉海岸」、10位に「三浦海岸」、12位に「鵠沼海岸」と、いわゆる湘南海岸一帯が上位にランクされる結果となりました。  

 そこで、残念ながら第1位を獲得した「江の島海岸」の美しさに関する回答では、やや汚い・とても汚いの回答が85.6%で、改善して欲しい理由のトップは「海岸がゴミなどで汚れている」88.5%、2番目に「水質が汚い」66.9%となっており、因みに12位の「鵠沼海岸」でも、「海岸がゴミなどで汚れている」88.7%、「水質が汚い」74.6%となっており、これらの理由は他の海岸より極めて高い数値を示しております。  また、海岸を美しくて欲しい理由のトップは「もっと利用したいから」で、「江の島」49.9%、「鵠沼海岸」47.9%となっており、海岸を美しくするための方策としては、「ゴミを持ち帰る、トイレを汚さないなど、海岸を利用する人のモラル向上」と「ゴミ清掃、トイレのこまめな清掃などの海岸管理の充実」 などが上位を占めていますが、回答した8割以上は「美しくなれば利用回数が増える」とも答えており、美しい海岸への期待の大きさも示されております。  

 そこで、本市の貴重な観光資源であり言わば地域ブランドとも言える「湘南海岸」の象徴である「江の島」が第1位、さらに「鵠沼海岸」も上位にランクされるなど、本市にとっても地域イメージを損なう結果なった今回の調査に対し、本市ではどのように分析され対応されていこうとお考えなのか、また、調査を所管した国土交通省、或いは神奈川県からは、今後の改善策及び市との連携について働きかけはあったのかお聞かせを頂きたいと思います。
【経済部長の答え】この調査につきましては、国土交通省河川局が実施したもので、名称は「海岸美化期待アンケート」で、調査の目的は「海岸美化に関わる多方面の方々に、資料として活用いただくこと」としており、インターネットにより調査したものでございます。  

 調査の内容につきましては、「美しくしたい、又はして欲しいと思う海岸」についての調査で、利用状況、美しくしたい理由等10項目を超える調査で、それぞれ項目毎に選択回答する型式となっているものです。  

 調査期間につきましては、平成17年1月13日から2月6日まで掲載し、11,512件の回収があり、その内9,030人は海岸名を回答しているものです。  回答者の状況につきましては男性が約7割、年齢別では30代が32.5%、40代が28.9%、以下20代19%、50代10.2%となっており、職業別では、会社員・団体職員・公務員が55.4%、主婦12.5%、学生10%、自営業主8.8%となっております。 居住地区回答者の状況については、東京都11.3%神奈川県10.3%、大阪府7.4%、愛知県6.3%兵庫県5.2%となっており、関東1都6県で35.8%となっております。 今回の調査において1位となった江の島海岸の回答状況につきましては、回答者数385人、海岸利用者の年平均利用回数は5.1回となっているもので、関東地区における回答者数が全体の三分の一を超える状況であることから、「江の島」の知名度の高さが要因の一つとなっているものと考えており、また、ご指摘のとおり地域の重要な観光資源であるからこそ、海岸利用者の期待の大きさが現れているものであると認識しております。

 今後の取組につきましては、地域の観光資源として誇れる美しい海岸として維持すべく、関係機関との連携を図りながら環境保全活動に取り組んでまいるもので、従来からの海岸清掃、河川清掃を継続実施するとともに、海岸利用者に対する啓発活動としての注意看板の掲出、チラシの配布等により、美化意識の向上を図ってまいりたいと考えております。  

 なお、国土交通省、県からは今後の改善に対する連携についての働きかけにつきましては、今現在、特段の情報はございません。 
【要望】地域の観光資源として誇れる美しい海岸として維持すべく、関係機関との連携を図りながら環境保全活動に取り組んでいきたいというご答弁でしたが、日本各地では「観光による地域振興」という観点から、環境や文化など地域に固有の資源を深く掘り下げ、その地域独自の魅力として多くの人に認めてもらい、地域ブランドとして全国、或いは全世界に発信していこうという取り組みも見られますが、「江の島」を地域ブランドとしていくには、美しい海岸を取り戻すことが必要不可欠になってくると思います。  

 先程のご答弁では、国・県から今後の改善に対する連携の働きかけは特にないという事でしたが、是非この点については国・県に対して強く働きかけ、連携を図る中で、「江の島」が地域ブランドとして全国に発信できるような取り組みを進めていかれるよう要望したいと思います。


このウインドウを閉じる


copyright(c) matsushita kenichiro. All rights reserved.