藤沢市議会議員  松下賢一郎 オフィシャルサイト トップページへ


 
平成14年9月定例会〈一般質問〉
  災害ボランティアネットワークについて

【質問】災害ボランティアとの連携については、先に発表された藤沢市地域防災計画・地震対策編の中でも藤沢市は、市役所本庁舎内に設置したボランティア受付窓口をボランティア支援センターに発展させると共に、ボランティア活動の重複を回避し、円滑な救援活動を進めるために「ボランティアネットワークシステム」を構築する。とありますが、当初の目標では、平成14年度の早い時期に構築する予定であったのが、若干遅れている状況であることは予算委員会の居りに確認をさせて頂きました。しかし、既に小田原市では、行政と小田原災害ボランティアネットワークが連携し、ボランティアの受け入れから、救護や通信など得意分野に分かれて活動をする訓練が行われたとも聞いております。そこでお尋ねいたしますが、本市の災害ボランティアネットワークシステムの構築に向けた今後の見通しはどのようになっているのか、お聞かせを頂きたいと思います。
総務部長の答え】現在、ボランティアネットワークの構築に向けまして、(仮称)藤沢市災害救援ボランティアネットワーク準備会を設置し、県内のボランティアネットワークの窓口であります神奈川災害ボランティアネットワーク、ふじさわボランティアセンターの他に民間の関係団体の御協力をいただきながら進めている状況であります。  
 今後の見通しにつきましては、現在、市の災害救援ボランティアネットワークが構築された後ネットワークが円滑に運営できるための事務局の位置づけについて、関係団体を含めて細部の協議を進めており、平成14年度中には災害救援ボランティアネットワークが構築出来るよう努力して参りたいと考えております。


このウインドウを閉じる


copyright(c) matsushita kenichiro. All rights reserved.